アクセス MENU
資料請求 学校説明会申込み

【柔道整復学科コラム】肉離れと熱中症予防に大切なミネラル

柔道整復学科の森です。

暑い日が続くと何かと体調を崩しやすくなりますね。
夏の暑い日に激しい運動をすると、私たちは大量の汗をかきます。
この際、汗と一緒に体内のミネラルも排出されてしまいます。

連日のニュースで熱中症の危険性や水分補給の重要さは周知されていますが、
あまり知られていないのは、ミネラル不足が大腿(太もも)後面にあるハムストリングスの肉ばなれの原因にもなり得るということです。
ハムストリングスは大腿後面にあり、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋によって構成されています。
走る、ジャンプするなどスポーツに関わる身体の動きに重要な役割を果たしています。


ハムストリングスが肉ばなれを起こすと、圧痛、腫脹、皮下出血斑、筋の硬結や陥凹などが重症度に応じてみられます。痛みのため、運動はもちろん、日常生活動作にも影響を与えかねません。

体内のミネラルは、筋肉の収縮や神経の活動電位発生に欠かせない役割を果たしています。
特にカリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルは、筋肉の正常な機能を維持するために必要不可欠です。
しかし、暑い日に大量の汗と一緒に体内のミネラルが失われることで、筋肉の機能が低下し、肉ばなれを起こしたり足をつる原因になります。

したがって、激しい運動をする際には、十分な水分とミネラルを補給することが重要です。
水だけでなく、スポーツドリンクやミネラルサプリメントを上手に活用してミネラルの不足を補いましょう。
また、暑い環境で運動をする場合は、適度な休憩をとり、体温調節をしっかりと行って熱中症の予防にも努めましょう。

BACK TO LIST